国際バレエフォーラム実行委員会 Organizer MIHOKO MAIHARA mali:i.ballet.forum@gmail.com
Copyright © 2013 j-m-ballet-forum All Rights Reserved

INTERNATIONAL BALLET FORUM WORKSHOP in JAPAN

国際バレエフォーラムでは「日本から世界につながる道を・・・」の想いでドイツを中心にヨーロッパ各国にてワークショップを開催しております。皆様の熱いオファーに答え!!豪華講師陣を迎え、日本での開催が実現しました。
是非この機会に素晴らしいバレエClassを体験してください!!

ー entry -

お申し込み用紙をダウンロードしていただきご記入ください

送付は郵送・FAX・メールにて受付いたします。

その際①申し込み用紙②振込明細をセットでお送りください

【郵送】

国際バレエフォーラム事務局 ワークショップ受付係
〒530-0041 大阪市北区天神橋2-1-20

【FAX】 ※申込用紙と振込明細の計2枚セットで送信してください

06-6351-5228

【メール】※申込用紙と振込明細のスキャン又は写真を添付してお送りください

i.ballet.forum@gmail.com

ー 申込用紙 -

KYOTO Workshop 2020

講師:永橋 あゆみ・酒井はな

※21日(金)酒井はな[個人variation]は定員になりましたので、締め切りました。

 

【開催日】

2020年2月20日(木)永橋あゆみ/21日(金)酒井はな

【場所】京都府長岡京記念文化会館 (℡:075-955-5711)

【class】

[A class(小学4年生~中学1年生)]16:00~17:15

[B class(中学2年生~シニア)]17:40~19:00

[個人variation]:時間など詳細は直接事務局までご連絡ください。時間が限られておりますのでお申し込み順になります。

【受講料】

[A・Bclass]1レッスン5,500円(Vコン参加者は4,000円)

[個人variation]1レッスン8,400円(約20分)

永橋 あゆみ

(谷桃子バレエ団)

1982年、2歳より、母永橋由美のもとでバレエを始める。山本禮子、野村理子に師事。1999年、谷桃子バレエ団入団。2001年、Kバレエ カンパニー「ジゼル」全国ツアーに参加し、パ・ド・シス等を踊る。2002年、「白鳥の湖」全幕にてオデット/オディールを踊り、主役デビュー。以後、バレエ団の全てのレパートリーにて主役を踊る。「白鳥の湖」(オデット/オディール)、「ジゼル」「ドン・キホーテ」「リゼット」「ラ・バヤデール」「くるみ割り人形」クルベリ版「ロメオとジュリエット」「レ・ミゼラブル」など。また、2004年には、ルーマニア国立バレエ団の招待を受け、「ジゼル」全幕に主演。その他、公益財団法人日本バレエ協会主催ヤングバレエフェスティバル「パキータ」主演(2006)同主催都民芸術フェスティバル「ジゼル」全幕主演(2007・2010年)。
歌手AIのINDEPENDENT WOMANのPVに出演。

2000年、橘秋子奨学金受賞。第14回全日本バレエコンクール シニアの部入賞の1位。2001年第58回全国舞踊コンクール シニアの部第2位、第14回こうべ全国洋舞コンクール シニアの部第3位、第6回北九州&アジア全国洋舞コンクール シニアの部第4位。
2010年中川鋭之助賞受賞。
平成24年度新進芸術家海外研修員としてドイツ・ドレスデン国立歌劇場(Semperoper Ballet)にて研修し帰国。

酒井 はな

アメリカ合衆国ワシントン州シアトル生まれ。日本に帰国後に鎌倉で育つ。
5歳からバレエを始め、畑佐俊明に師事。橘バレエ学校、牧阿佐美バレエ団出身。
14歳で牧阿佐美バレエ団公演でキューピット役に抜擢され一躍注目を浴びる。18歳で主役デビュー。以後主な主役を務める。
新国立劇場バレエ団設立と同時に移籍。柿落としにより、主役を務める。
クラシック・バレエを中心に活動しているがコンテンポラリー・ダンスやミュージカルにも積極的に挑戦、 新境地を拓く。
進歩し続ける技術・表現力、品格ある舞台で観客を魅了する日本を代表するバレエダンサーの一人といわれている。
現在新国立劇場バレエ団名誉ダンサー、シニア・ソリスト。
村松賞新人賞、舞踊評論家協会新人賞、中川鋭之助賞、芸術選奨文部大臣賞新人賞、服部智恵子賞など受賞歴多数。
2007年舞踊評論家協会賞受賞。2008年芸術選奨文部科学大臣賞受賞。
2017年紫綬褒章受賞

TOKYO Workshop 2020

​講師:Dimitri Magitov

※コンテンポラリーは講師都合の為次の機会になりました。

【開催日】2020年4月2日(木)​

【場所】日本橋公会堂(℡:03-3666-4255)

【class】

[A class(小学4年生~中学1年生)]16:00~17:15

[B class(中学2年生~シニア)]17:40~19:00

[個人variation]:時間など詳細は直接事務局までご連絡ください。時間が限られておりますのでお申し込み順になります。

【受講料】

[A・Bclass]1レッスン10,000円(Vコン参加者は8,000円)

[個人variation]1レッスン16,800円 約20分

Dimitri Magitov

( John Cranko Schule Ballet Pedagogues[ジョンクランコバレエスクール 講師])

ロシアのキエフで生まれ。最初に彼はキエフのバレエ学校で訓練され、その後モスクワのバレエアカデミーに行き、1992年に卒業しました。1992年から1995年まで、モスクワ国立劇場に初めて参加しました。1995年から1996年まで、彼はビーレフェルト劇場で踊りました。1996/97年、Dimitri Magitovはシュトゥットガルトバレエ団のバレエ団に加わりました。彼のデミソリストへの昇進は2004/05年に続きました。2010年、州立バレエアカデミー/職業学校のジョンクランコシューレの教師に就任

OSAKA Workshop 2020

講師:Vladimir Malakhov

【開催日】2020年6月25日(木)・26日(金)

​【場所】サーティホール(大東市立文化ホール)

【class】

[A class(小学4年生~中学1年生)]16:00~17:15

[B class(中学2年生~シニア)]17:40~19:00

[個人variation]:時間など詳細は直接事務局までご連絡ください。時間が限られておりますのでお申し込み順になります。

【受講料】

[A・Bclass]1レッスン10,000円(Vコン参加者は8,000円)

[個人variation]1レッスン16,800円 約20分

Vladimir Malakhov

(元 国立 ベルリンバレエ団 総監督)

ベルリン国立バレエ団芸術監督・プリンシパル。1968 年、ウクライナで生まれる。4 歳からバレエを学び、10 歳でボリショイ・バレエ学校に入学。卒業と同時にモスクワ・クラシック・バレエ団に入団し、最年少のソリストとして活躍する。ヴァルナ国際バレエコンクールでグランプリを獲得したほか、全ソ・コンクールで第1 位とモダンダンス特別賞を受賞するなど受賞多数。ヨーロッパの批評家に「今世紀を代表するダンサー」と評される。92 年にロシアを離れ、ウィーン国立歌劇場バレエ団のファースト・ソリスト、94 年にカナダ・ナショナル・バレエ団のプリンシパル・ダンサーとしても契約。95 年にはアメリカン・バレエ・シアター(ABT)のダンサーとしてニューヨークのメトロポリタン歌劇場に出演。このほか、ウィーン国立歌劇場バレエ団のゲスト・プリンシパルとして各地で活躍した。99 年、ウィーン国立歌劇場バレエ団のために『ラ・バヤデール』を演出し、振付家としても活動を始める。2002 年、ベルリン国立歌劇場バレエ団の芸術監督に就任。同年12 月には自身の版による『ラ・バヤデール』を演出および主演した。04 年3 月には自身による新演出『シンデレラ』を上演し、自らも“甘いもの好きのバレリーナ”と王子を踊った。04 年9月、ベルリンにある3 つの歌劇場の統合により新しく生まれたベルリン国立バレエ団の芸術監督に就任。ウヴェ・ショルツの『火の鳥』、ベジャールの『ニーベルングの指環』、マクミランの『マノン』、クランコの『オネーギン』などをバレエ団初演し、いずれの作品でも自らも出演するなど、精力的に活動している。05 年6 月には、芸術監督としてバレエ団を率い、初の来日公演を行った。 キエフ市名誉市民、ウクライナ舞踊アカデミー名誉教授でもある。

SAPPORO Workshop 2020

講師:Wilfried Jacobs

【開催日】2020年7月4日(土)

【場所】札幌市民交流プラザ

Wilfried Jacobs

(フィンランド国立オペラ バレエ学校 Director The Ballet School of the Finnish National Opera and Ballet)

11歳よりバレエを始める。1988年ベルギーのROYAL BALLET SCHOOLへ入学。ヤン ヌイッツ, トム ヴァンコーウェンベルヒ,ロバート デンバース, アレ キサンダー ソンバートに師事。1995年ドイツカールスルーエステートシアター (芸術監督 ジェルミナール カサド)に入団。 1998年~2007年KUBOTA BALLETの指導にあたり、日本でゲストダンサー、指導者、振付家として活躍。2006年ジャクソン国際コンクールにてディナ ビィヨロンよりフィンランド国立バレエ団に誘いを受ける。2007年9月よりフィンランド国立バレエ団と契約。2009年10月 ケネス グレーヴェ(芸術監督)に認められプリンシパルに昇進。 主なレパートリー/眠れる森の美女 デジレ王子(トレス), じゃじゃ馬馴らし、ペトルチオ(クランコ),ラ・シルフィードジェームス(ブルノンビル),白鳥の湖 ロットバルト(グレーヴェ),シェヘラザード(Shahryar),マノン(レスコ), ロミオ & ジュリエット(メルクティオ、ティボルト),Onegin... コンテンポラリー&ネオクラシックバレエダウソン, エロ,フォーサイス, キリヤン, ノイマイ ヤー, ラトマンスキ, ショルツ, シュプック, テットリー.....各氏の作品に出演。
2010年5月上海万博に招待され新作「Crossroads」を振り付け、初披露する。2011年ヘルシンキにて東北大震災チャリティガラ “Charity through Dance - Ballet Gala for Japan"とドイツ、シュツットガルトにて "Benefizgala fur Japan" に出演。
 2013年8月よりフィンランド国立バレエ学校の校長に就任。
同時にプリンシパルダンサーとして活躍中。
2016年12月にフィンランド共和国より「フィンランド獅子勲章騎士章」を授与される。

NAGOYA~夏~ Workshop 2020

講師:Cyril Pierre

【開催日】2020年7月20日(月)

【場所】日本特殊陶業市民会館ビレッジホール 

Cyril Pierre

(元バイエル州 国立オペラバレエ団 Bayerisches Staatsballettプリンシパル)

フランスのナンシーで生まれ、パリ国立オペラ座のバレエスクール入学、卒業後、ローランド・プティのバレエ・ナショナル・マルセイユで、エトワールに昇進。
カルメン、アルルシアン、プルースト、マ・パブロワ、コッペリアなどのレパートリーの主役を果たした。
プリンシパルダンサーとしてサンフランシスコバレエ。
バイエルン州立バレエ団、プリンシパルダンサー。ミュンヘンで古典の主要な役を踊る。
ミラノのガラ出演。
Bayerisches Staatsballettのバレエ教師、ミュンヘン、日本、米国、中国、プラハ、バレエ教師、バレエマスター。
ミュンヘンの古典的なレパートリーのコーチ。
ユニバーサルバレエ団(ソウル)のゲストバレエ教師とバレエマスター。
Staatsballett Berlinのゲストバレエ教師。
2017年:ワシントンのキーロフバレエ団

Anna Svitlychenko

(Staatliche Ballettschule Berlin Ballet Pedagogues[ベルリン国立バレエ学校講師])

キエフ国立バレエ学校を卒業。振付家・バレエ教師としての国家資格デュプロマ取得。
アメリカやヨーロッパ各国のバレエ団に特別ゲストダンサーとして出演 する。
ベルリン国立バレエ学校においてクラシック、レパートリー・ダンスの助教授として、15年にわたりバレエ教育携わる。
ベルリン国立バレエ学校現役教師。

FUKUOKA Workshop 2020

講師:永橋 あゆみ・高岸 直樹

【開催日】2020年7月25日(土)・26日(日)

【場所】福岡サンパレスホール 大練習室

永橋 あゆみ

(谷桃子バレエ団)

1982年、2歳より、母永橋由美のもとでバレエを始める。山本禮子、野村理子に師事。1999年、谷桃子バレエ団入団。2001年、Kバレエ カンパニー「ジゼル」全国ツアーに参加し、パ・ド・シス等を踊る。2002年、「白鳥の湖」全幕にてオデット/オディールを踊り、主役デビュー。以後、バレエ団の全てのレパートリーにて主役を踊る。「白鳥の湖」(オデット/オディール)、「ジゼル」「ドン・キホーテ」「リゼット」「ラ・バヤデール」「くるみ割り人形」クルベリ版「ロメオとジュリエット」「レ・ミゼラブル」など。また、2004年には、ルーマニア国立バレエ団の招待を受け、「ジゼル」全幕に主演。その他、公益財団法人日本バレエ協会主催ヤングバレエフェスティバル「パキータ」主演(2006)同主催都民芸術フェスティバル「ジゼル」全幕主演(2007・2010年)。
歌手AIのINDEPENDENT WOMANのPVに出演。

2000年、橘秋子奨学金受賞。第14回全日本バレエコンクール シニアの部入賞の1位。2001年第58回全国舞踊コンクール シニアの部第2位、第14回こうべ全国洋舞コンクール シニアの部第3位、第6回北九州&アジア全国洋舞コンクール シニアの部第4位。
2010年中川鋭之助賞受賞。
平成24年度新進芸術家海外研修員としてドイツ・ドレスデン国立歌劇場(Semperoper Ballet)にて研修し帰国。

高岸 直樹

(高岸直樹ダンスアトリエ)

1986年、チャイコフスキー記念「東京バレエ団」に入団。87年、ベジャールの「ザ・カブキ」にて、弱冠21歳で由良之助に抜擢され一躍話題となり「東京バレエ団」のあらゆるレパートリーで主役を演じる。ミラノ・スカラ座、パリ・オペラ座、ベルリン国立歌劇場、ボリショイ劇場、マリインスキー劇場など海外でも活躍。ジョルジュ・ドンの代わりに踊った「ボレロ」ではカーテンコールが25分という大成功を収めた。1991年にはシルヴィ・ギエムの相手役として「白鳥の湖」を踊り、オーストラリア・バレエ団に3カ月間客演した。その他ベルリンにて「マラーホフ&フレンズ」、「オーストラリア・バレエ団50周年記念ガラ」、「月に寄せる七つの俳句」のハンブルク・バレエ初演、フィレンツェ歌劇場での東日本大震災復興支援公演など客演多数。2015年、「東京バレエ団」を退団し「高岸直樹ダンスアトリエ」を設立。 

KOBE Workshop 2020

講師:Steffi Scherzer

【開催日】2021年1月4日(月)・5日(火)

【場所】神戸芸術センター内 芸術劇場

Steffi Scherzer

(スイス国立 チューリッヒダンスアカデミー Tanz Akademie Zürich 校長)

ベルリン国立バレエスクールで7年間スクールに在籍した後、彼女は1984年にプリマ・バレリーナに任命されました。
ステフィーは、クラシックと新古典主義のレパートリー全体の主要な役目を踊りました。
彼女は多数の優勝を果たし、国内外のバレエコンクールでの大賞、バルナの国際バレエコンクール、ナショナルコンペティションで大賞、
彼女は優れた多くの公演に恵まれて、評価された後、舞台芸術と批評家の賞を受賞しました。
「白鳥の湖」と「ジゼル」では、ステフィーは世界中でゲスト出演し、多くの有名な振付家と仕事をしました。
ルドルフ・ヌレエフ、パトリス・バート、モーリス・ベジャール、ウィリアム・フォーサイス、ピエール・ラコット、ローランド・プチ、ウヴェ・シュルツ、Laszlo Seregi、Youri Vamos、Tom Schillingが含まれます。
彼女はドイツ国立・オペラベルリンの名誉会員であり、ドイツで最も優れたクラシックダンサーと称されてます。
2004年以来、彼女はチューリッヒダンスアカデミー、プロのバレエスクールスイスのチューリッヒ芸術大学の校長。
チューリッヒのクラシックダンス、ポイントワーク、クラシックレパートリーの教師としても非常に評価を受けています。
TANZ・ダンスアカデミー。 Scherzerの学生は、国内外のトップクラスの賞を受賞し、多くの賞を受賞しました。
2017年ローザンヌ(Prix de Lausanne)に於いて、ローザンヌ賞・1位、6位を輩出しました。
彼女の国際活動には、国際バレエ団の審査員として登録されております。